Edward Green BERKELEY 606E TABACCO SUEDE

エドワードグリーンは1890年、英国のノーザンプトンの小さな工場で紳士用の手作り靴を作り始めました。
美しく卓越した技術力で品質の高いグッドイヤー・ウェルトシューズカンパニーとして、ウィンザー卿など名立たる人を顧客としていました。その後1980年代にジョン・フルスティック氏によって受け継がれ、彼の素晴らしいシューデザイン、靴づくりの経験が生かされて、現在のEDWARD GREENが出来上がりました。
洗練されデザイン、履き心地のすばらしさ、頑丈な作り。全てを含めて世界中のシューズファクトリーが憧れる靴。既成靴、グッドイヤーウェルト製法の靴として最高峰の地位を確立しています。

エドワードグリーンの定番シューズ、「BERKELEY」バークレー。
リファーレでは古くからの定番ラストで、今ではあまり出回らなくなっている606ラストでご用意いたしました。
パンチキャップにスクエアトゥ、アッパーは金茶スエードにすることでジャケパンスタイル、デニムスタイルなどに抜群の相性の良さを発揮します。
アッパーはもちろん、ライニング、ソールなど全てが最上級の素材を用いて仕立て上げられています。
履き心地は足を包み込んでくれるフィット感がありヒールカップの収まりも素晴らしいです。
グッドイヤーウェルテッド製法ですのでインソールの沈み込みがある為、フィッテイングに関しては少しタイトめをお勧めいたします。

販売価格 157,680円(税11,680円)
型番 BERKELEY
 
4H
5
5H
6
6H
7
7H
8
SIZE サイズ

SIZE サイズ
 
4H
5
5H
6
6H
7
7H
8